クローズアップ大阪城ホール

開館10周年記念タペストリー

大阪城ホール開館 10周年記念タペストリー「浪華のにぎわい」

[写真]タペストリー

(設置日 1994年3月31日)
大阪城ホール南棟入口(ホール事務所横)を入ったロビー壁面には、大阪城ホール開館10周年を記念して制作された、タペストリー「浪華のにぎわい」があります。原図は、湯木美術館所蔵「浪華名所図屏風」で、綴織の技法を使って制作されており、規模もこの種のものとしては、日本でも有数のものです。制作におよそ1年余りをかけて、財団法人日本宝くじ協会の助成を得て、完成することができました。

概要

  • 織組織:本綴織
  • 寸 法:高さ1.7m×幅7.8m×2枚(1対)
  • 重 量:15kg(1枚)
  • 材 質:本絹、本金糸
  • 組 織:20枚組織(幅3.03cm間に緯糸によって作られる畔数)
  • 密 度:60越以上(経密度の3倍以上)
  • 制 作:株式会社川島織物

綴織とは…綴織は機械力に頼らず、緯糸(よこ糸)を職工の指先で一糸・一糸絵を描くように掻き寄せながら織りあげていく全くの手工芸によるもので、デザインの効果を意図通り表現することが可能です。我が国においては、古代より伝わり、大和の当麻曼陀羅や正倉院の御物が有名ですが、明治中期より西欧の著名なタペストリーにまさる優れた創作がなされると共に現代の劇場緞帳にも多くの綴織が用いられています。

作品解説

※文中の「大坂」・「大坂城」は、当時の表記にしてあります。

本図は、かなり横に長い2枚の画面に、北は大坂城から、南は住吉大社まで、江戸時代の大坂での代表的な名所の数々が描かれています。 右隻では、大坂南部の四天王寺と住吉大社の境内が中心に描かれ、生玉社や道頓堀近くの芝居町も併せて描かれています。 また、左隻では、中央に流れる土佐堀川を中心に、それに架かるいくつかの橋をモチーフに描かれています。 併せて、大坂城や天満宮も登場しているのがわかります。

図の中では、大坂北部にある大坂城境内での満開の桜が春を、道頓堀周辺で扇子を手にした通行人や、タケノコの行商人で夏を、紅葉が秋を、川縁の枯れた芦草が冬というように、それぞれの季節を表現し、当時の大坂の、四季の様子を私たちに楽しませてくれます。

ところで、肝心な大坂のシンボルである大坂城の天守閣が描かれてないのは、1665年(寛文5年)の火事により、焼失したからといわれています。 図中には、実に800人以上のいろいろな職業の人たちが、明るくいきいきと表現されており、当時の風俗や生活を知る資料としても、貴重です。なお、原図は、17世紀末頃の作品と考えられています。

[写真][写真][写真]
本日のイベント情報
コンサート
12/05 (月)
YOSHIKI
  • 18:00
  • 19:00
ケータイで公演情報!
  • カフェ&レストラン
  • ホテルニューオータニ大阪
  • おすすめホテル
  • おすすめレストラン